本文へ移動

こんな粘着加工ができます!

イッテQで使われたモナリザ

粘着加工でモナリザを再現したもの。顔料の粉や砂をふりかけることで砂絵のようにすることが出来ます。
糊を印刷
蓄光の粉を散布定着
拡大図
拡大図

 

トレ-シングペ-パ-に粘着加工
片面全体に粘着を持たせた付箋紙
糊に色を付ける場合、顔料を入れすぎると粘着力が落ちてしまうため、薄くつける程度に抑えます。

 

雑誌の切り抜きに粘着加工をしたサンプル
粘着加工は、素材に直接、糊を引く方法と剥離紙に糊を引いた後、任意の紙に張ることで糊を転写させる方法があります。
転写を使えば、どんなに薄くて扱いにくい紙でもシールにすることが出来ます。

 

(株)PCM竹尾さんと共同開発
タカクラ印刷で加工した製品「PETA」。
トレーシングペーパーに附箋用の糊を印刷しています。
Back street Factoryの商品
平版の紙に付箋用の糊を印刷し、レ-ザ-カットしています。

納期と予算の目安

品目
粘着加工
料金
545×394サイズで@50円~@70円程度
納期
1,000枚以下 目安として2~3日
5,000枚~10,000枚 目安として4~5日
※素材の種類、サイズ、厚み、使用する用途など、糊の種類によって価格が変更します。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
有限会社 タカクラ印刷
〒335-0002 
埼玉県蕨市塚越6丁目14番8号
TEL:048-431-5601
FAX:048-431-3377
1.平版粘着加工
2.シルク印刷
 
TOPへ戻る